chouchou シュシュ

メニュー

年齢を感じる肌を若く見せる方法

  • facebook
  • twitter
  • line

年齢肌を若く見せるためには?

 

みなさんは、年齢とともに増えてきたシミやシワ、なくなってきたツヤやハリに悩まされていませんか?おそらく世の中にいる女性のほとんどが同じような悩みを抱えていることでしょう。

しかし、中には「マイナス10歳肌」と言われるような肌をもち、見た目年齢が実年齢より若く見える、と言う人もいます。

 

今回は、マイナス10歳肌を持っている人の特徴と、年齢肌を若く見せる方法についてご紹介いたします!

 

[目次]

✔️見た目年齢が若い人の特徴

✔️年齢肌を若く見せる方法

✔️おわりに

 

✔️見た目年齢が若い人の特徴

見た目年齢が若い人は、そうでない人と何が違うのでしょうか?やはり一番違うのはその「お肌」です。

・ツヤやハリがある

・吹き出物や肌荒れがない

・光っている

・透明感がある

・色白

といったような特徴がある肌の人は、実年齢より確実に若く見えます。

色白、というのは年齢肌とは関係ないようにも思えますが、色が白いということは紫外線対策が十分にできているという証拠でもあります。肌を若く、美しく保つためには、紫外線対策も重要になってきます。そのこともあり、色白な人の肌は肌にツヤやハリがあり、若々しく見えるのです。

 

また、マイナス10歳肌を持つ人には、お肌以外にも

・髪や爪もきれい

・メイクはシンプル

・姿勢がいい

・ストレスの発散が上手       といった特徴があります。

 

・爪や髪もきれい

髪や爪も肌と同じく細胞から作られているため、細胞自体が若々しくある人はお肌も髪も爪もきれいということです。もちろん、日頃のお手入れをきちんとしているという方も多いです。

・メイクはシンプル

たっぷりとファンデーションやコンシーラーを塗り込んで作った肌は、かえって素肌をボロボロにしてしまいます。実年齢が上の人ほど、特に化粧品のダメージを受けやすくなっています。マイナス10歳肌の人ほど、メイクはナチュラルで肌に余計な負担をかけていないというのも特徴です。

・姿勢がいい

お肌のハリは背筋などの筋肉に支えられているともいわれており、姿勢のよさはお肌の状態につながってきていると言えます。また、筋力の面だけでなく、姿勢がいい人は体の代謝も正常に行われるため、美肌をキープできるのです。

・ストレスの発散が上手

ストレスは美肌の天敵、と言われています。若く見える人でもストレスがないというわけではありませんが、周りからみると「いつも元気な人だ」と思われていることが多いです。それはうまくストレスを発散できているからだとも言えます。ストレスをためないことで、美肌を得て、美肌のおかげで若く見える、というわけです。

 

✔️年齢肌を若く見せる方法

先ほどのマイナス10歳肌を持つ人の特徴から、年齢肌を若く見せるためにはお肌のケアをしっかり行うことや、メイクはシンプルにすること、姿勢をよく保つこと、ストレスの発散をうまくすることなどが方法として考えられます。

それぞれ、具体的な方法について見ていきましょう。

 

①お肌のケアをしっかり行うこと

年齢肌の原因となるシミやシワの増加や、お肌のハリやツヤの低下は、紫外線の影響を大きく受けて起こります。まずはお肌のケアの第一歩として、紫外線対策をするところから始めましょう。しかし、紫外線はガラスをも通り抜けて差し込みます。生活をする上で、紫外線を全く受けないというのは難しいので、紫外線を受けた後の傷ついた肌のターンオーバーを促進することも重要になってきます。お肌のターンオーバーを促進することを助けるものとして、サプリメントの服用プラセンタ原液などの化粧品の使用が有効だと考えられます。

また、日々の乾燥への対策として化粧水や保湿クリームを使ったスキンケアも大切です。

 

②メイクはシンプルにすること

先ほどもご紹介したように、ファンデーションやコンシーラーを塗り込んでシミやシワを隠そうとするのではなく、根本から解決し、素肌美人を目指す必要があります。できてしまったシミやシワをなくす、というのは難しいかもしれませんが、先ほど同様ターンオーバーの効果のある化粧品やサプリメントの使用をすることと、普段の保湿ケアなどで素肌美人を目指しましょう。

 

③姿勢をよく保つこと

顔の筋肉は背筋に支えられており、この抗重力筋が弱まると顔のたるみの原因となり、ハリがなくなってしまいます。そのため、猫背やそり腰にならないように正しい姿勢をとることや、適度な運動をし筋力を衰えさせないことも大切です。

 

④ストレスの発散をうまくすること

顔のシワは老けて見られやすくなるので、ストレスで常に暗い顔をするのではなく、普段からよく笑って、表情筋を動かすことが大切です。若く見られる女性に暗い顔をしている人は一人もいません。みんな笑顔が素敵で明るい顔をしています。そんな笑顔で毎日を過ごすためにも、日々のストレスをうまく発散する方法を見つけていきましょう。

お風呂にバスソルトを入れてゆっくり入るもよし、アロマを焚いて寝るもよし、時には運動や筋トレなどをしてすっきりするもよし、カラオケなどで歌を歌うもよし、そのストレスの発散方法は人それぞれだと思います。自分にあったストレス発散方法を見つけて、実践していきましょう!

 

✔️おわりに

今回は、マイナス10歳肌を持つ人の特徴と年齢肌を若く見せるための方法についてご紹介いたしましいた。見た目年齢が実年齢より若い人は、綺麗なお肌をしているだけでなく、綺麗な爪や髪をしており、姿勢も良く、メイクがシンプルでストレス発散がうまい、という特徴があります。

お肌を若々しく保つためには、第一に紫外線対策が重要になってきます。しかし、防ぐことができなかった紫外線によって傷ついた肌には、お肌のターンオーバーを促進するようなプラセンタ由来の化粧品やサプリメントを利用してみても良いでしょう。また、マイナス10歳肌の特徴の人のようになれるよう、姿勢をよく過ごすことや、ストレスをうまく発散すること、シンプルなメイクにすることなどを心がけていくのも良い対策でしょう。

毎日を笑顔で過ごすことで、若々しい肌へとつながります。そして、若々しい肌は素敵な笑顔にもつながります。そのような素敵なサイクルで日々を過ごせるように、お肌のケアを心がけていきましょう!

  • facebook
  • twitter
  • line