chouchou シュシュ

メニュー

プラセンタの種類

  • facebook
  • twitter
  • line

プラセンタってどんなものがあるの?

お腹の中で胎児を育てるために必要な「プラセンタ」。

現在では、サプリメントや化粧品、医療品などに応用されていますが、みなさんはプラセンタにもさまざまな種類があることをご存知ですか?

美容や健康にいいと言われているプラセンタですが、その詳細を知っている人は少ないのではないでしょうか?

 

今回はそんなプラセンタの種類と、それぞれの違いについてご紹介いたします!

[目次]

✔️そもそもプラセンタとは?

✔️プラセンタの種類

✔️おわりに

 

✔️そもそもプラセンタとは?

プラセンタ(placenta)とは、もともと英語で「胎盤」の事です。胎盤は、妊娠中に胎児とへその緒でつながり、これを通して胎児への栄養供給を行う器官です。

プラセンタには、タンパク質、脂質、糖質の三大栄養素のほか、カルシウム、ミネラル、各種ビタミンなど美容と健康に大きく関係する成分がぎっしりと詰まっています。そのため、近年ではその成分の豊富さが注目され、医療や美容などの面で応用するための研究と開発が進んでいます。

 

✔️プラセンタの種類

プラセンタとは本来、哺乳類の胎盤のみしか指さないとされています。しかし、近年では海洋性、植物性といった胎盤と似た役割や栄養素を持つ素材のことも「プラセンタ」と呼ぶようになりました。

現在、サプリメントや化粧品の原料として使われているのは、豚由来と馬由来のものがほとんどですがその他にも、羊由来、海洋性、植物性などなどさまざまなプラセンタが存在します。今回はそれぞれのプラセンタの違いについて細かく見ていきます。

 

①豚プラセンタ

豚由来の豚プラセンタは、最もポピュラーなプラセンタです。豚は年2回、一度に10頭程度の子供を出産します。そのため、胎盤を多量に採取することが可能であり、比較的低コストで安定的に供給できるのです。

豚プラセンタの中でも「SPF豚」というものがあります。SPF豚は、日本SPF豚協会によって厳格に決められた基準で、抗生物質を与えずに飼育された豚です。厳格に管理された環境下で飼育された豚から採取されたプラセンタなので、品質が高いことが特徴です。

比較的低コストでより高い品質のプラセンタを、とお考えの方にSPFプラセンタは大変オススメです。

 

②馬プラセンタ

馬由来のプラセンタは、豚プラセンタの次にポピュラーなプラセンタです。馬由来のプラセンタは、使われるもののほとんどがサラブレッドであることから品質は高いものが多い傾向にあります。しかし、豚と比べて出産数も少ないため、非常に高価なものが多いです。また、化粧品やサプリメントにおいて、馬由来のプラセンタを使っているので品質も高く、希少なものだ!とうたっていても、ごく微量しか配合されていないこともあるので注意が必要です。

選ぶ際はきちんと成分表示を見て、馬プラセンタがどのくらい配合されているのかを確認するようにしてみてください。

 

③羊プラセンタ

羊由来のプラセンタは、ヨーロッパや北米で人気の高いプラセンタです。かつてスイスで行われていた最高峰アンチエイジング治療が、黒羊の胎盤の点滴だったという話もあります。

羊も病気にかかりにくい動物なので安全性は高いのですが、狂牛問題の後から流通量が極端に少ないため、日本では羊由来のプラセンタ商品をあまり目にできないという現状があります。

 

④海洋性プラセンタ

卵から生まれるような魚類には胎盤は存在しないので、プラセンタという言葉は正確ではありませんが、卵を包んでいる「卵巣膜」の部分を「海洋性プラセンタ」と呼んでいます。卵巣膜には、卵を育てるために必要なアミノ酸やコラーゲンなどの栄養成分があり、これは動物由来のプラセンタと似たような成分で、健康や美容に効果があるとされています。しかし、海洋性プラセンタには成長因子は含まれていないところが、動物由来のプラセンタとは違うところです。

 

⑤植物性プラセンタ

海洋性のプラセンタと同じく成長因子の含まれていない植物からの抽出物として「植物性プラセンタ」があります。植物の場合は「胎座」という部分を使用したものを植物性プラセンタと呼んでいます。胎座は発芽が起きる部分であるので、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの豊富な栄養素が含まれています。

美容効果はもちろん期待できますが、動物由来のプラセンタとは別の分類の美容商品として上手く活用していくのが良いでしょう。

 

✔️おわりに

今回は、プラセンタの種類とその違いについてご紹介いたしましたがいかかでしたでしょうか?

どの種類のプラセンタも、美容に効果のある成分を含んでいることは共通しています。しかし、なかなか流通していない、成長因子が含まれていない、高価であるという問題を孕んだプラセンタも存在します。

さまざまなプラセンタの中でも豚プラセンタ、特にSPF豚プラセンタは普通の豚プラセンタより高価ではありますが、比較的低いコストで、高品質のプラセンタです。

今後プラセンタ配合の化粧品やサプリメントの購入を検討している方は、SPF豚由来であるのかに注意しながら、豚プラセンタ商品を選んでみると良いでしょう。

プラセンタの種類や特徴を理解した上で、素敵な美容ライフを送っていきましょう!

 

  • facebook
  • twitter
  • line

あわせて読みたい